Menu

Total Events : 519

デジタルマーケティング・メディア広告の展示会「ad:tech singapore 2013」

2013年6月13日〜14日にSuntec Singapore International Convention & Exhibition Centreでデジタルマーケティング・メディア広告の展示会「ad:tech singapore 2013」が開かれました。

 1

同展示会はシンガポールだけでなく、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、東京、ニューデリー、メルボルン、シドニーでも開催される世界的なイベントです。

シンガポールでの開催は今回で6回目。シンガポールをはじめとした近隣諸国だけでなく、日本、韓国、香港、インド、オーストラリアなどのデジタルマーケティング関連企業63社が出展しました。

8

各社のブースでは独自開発のデジタルマーケティングツールや最新サービスなどを紹介していました。取材当日は、開催初日の午前中だったにもかかわらずどのブースも人が溢れるほどの大盛況でした。

9

6

5

2

シンガポールにも拠点を構えるMicro Adはディスプレー広告の統合管理プラットフォーム「Micro Ad」を紹介。

7

担当の松本さんは「東南アジアですでに約300社に導入していただいています。日系企業だけでなくローカル企業からのニーズの高さを感じるので、この展示会に出展する意義があると実感しています」と話していました。

セミナーは「ORGANISATIONAL INNOVATION」「COMMUNICATIONS & MOBILE INNOVATION」「CREATIVE INNOVATION」「PURE INNOVATION」のテーマごとにセミナーを展開。展示会エリアにもセミナー会場が設置され、中には立ち見客が出るセミナーもあるほど、最新のデジタルマーケティングに対する注目度の高さがうかがえました。

4

別会場では関連ワークショップとして「The Google Classroom」と題したグーグル・シンガポール社による4日間の研修プログラムも実施。「Google AdWords」「Google Analytics」やコンバージョン最適化について学べる機会が用意されました。

インターネットメディアのマネタイズをサポートする広告プラットフォーム「Fluct」を手掛けるadingoの小澤昇歩さんは「これまで来場客としてアメリカやオーストラリア、ロンドンなどさまざまな国の展示会の状況を見て、自社サービスの海外でのニーズはあると実感して出展することにしました」と話します。

 3

同展示会については「昨年は日本人来場者が多くてまるで日本の展示会みたいでしたが、今年はアメリカやイギリスの会社も出展していて来場客数も出展社も増えた印象を受けています。この展示会がこれだけ盛況ということは、この分野におけるシンガポールや東南アジアのマーケットが広がってきたという証拠ではないでしょうか」と言います。「当社にとっては展示会に出展することで出展者同士のつながりも生まれるし、ビジネスパートナーと直接会ってコミュニケーションを取ることが出来る貴重な機会でもあります」とも話していました。

<詳細情報(2013年)>

【日時】 2013年6月13日〜14日 9時30分〜18時30分

【会場】 Suntec Singapore International Convention & Exhibition Centre

【入場制限】 ビジネス関係者

【URL】 http://www.ad-tech.sg


blog 展示会レポート

Comments are closed.