Menu

Total Events : 519

アジア最大級のICTと放送・オーディオ業界の展示会「CommunicAsia2013」「Enterprise2013」「BroadcastAsia2013」

2013年6月18日~21日にExpo & Convention Centre at Marina Bay Sandsでアジア最大級の情報通信技術(ICT)と放送、オーディオ業界の展示会「CommunicAsia2013」「Enterprise2013」「BroadcastAsia2013」が同時開催されました。

1

業界のグローバルリーダーが勢揃いした同展。総面積57,600平方メートル、出展企業2044社(うち84%が海外からの出展、日本からは49社が出展)、Expo & Convention Centreの全フロアを使ったアジア最大級の展示会。56カ国の企業が出展し、国ごとに延べ33パビリオンが用意されました。開催期間4日間で100カ国・地域から51,000人以上が来場しました。

17

13

19

8

7

10

15

「CommnicAsia2013」「Enterprise2013」では情報通信技術(ICT)とデジタルメディア業界の最新技術やソリューションを展示。パナソニック社はアジア市場向けに設計されたAndroidタブレット「Toughpad JT-B1」を初公開したほか、大規模ブースを構えたHuawei社は、世界最小のスマートフォン「P6 Ascend」を紹介しました。

14

「BroadcastAsia2013」は放送業界で使用される最新機器などが展示。Blackmagic Designは最新の「4Kデジタルフィルムカメラ」を展示しました。今回は130以上の衛星通信企業も出展。同展では初めて、Ericsson社のコンプレッション技術を使ってMEASATの衛星ネットワーク経由でウルトラHDテレビに超高精細コンテンツをストリーミング上映しました。

20

16

4

6

5

併設開催された「CommunicAsia 2013サミット」では、CDN、BYOD、Mコマース、モバイルブロードバンド、LTEといったテーマについてのセッションが用意されました。「BroadcastAsia2013インターナショナルカンファレンス」ではOTT技術や放送業界での幅広い知識を提供しました。また、「第4回クリエイティブ・コンテンツ・プロダクション・カンファレンス」では業界の専門家らによるパネルディスカッションが展開されました。

11

取材当日はヘイズのPSI指数が「不健康レベル」に達していたことも影響していたのか、日本からの出展企業の一つである東芝の青木礼さんからは「昨年よりもお客さんが少ない印象を受けました」という感想をうかがいました。日本でデジタル放送へのシフトを牽引してきた同社は高品質かつハイコストパフォーマンスの新型テレビトランスミッターを出展していました。「東南アジアは当社のターゲットの一つです。東南アジア地域のテレビのデジタル化はこれから進んでいきますので、プレゼンスのアピールと現在のローカルのパートナー企業との関係強化を図っていきたいです」と話していました。

 

次回は2014年6月17日〜20日に開催予定です。

 

<詳細情報(2013年)>

【日時】 2013年6月18日~21日 (18〜20日=10時30分〜18時、21日=10時30分〜16時)

【会場】 Expo & Convention Centre at Marina Bay Sands

【入場制限】 ビジネス関係者

【URL】 http://communicasia.com/index.php

※次回は2014年6月17日〜20日に開催予定。


blog 展示会レポート

Comments are closed.