Menu

Total Events : 519

世界35カ国、466企業が出展「INTERNATIONAL FURNITURE FAIR SINGAPORE 2013」

2013年3月9日〜12日までSingapore Expo Hall 3〜8で「INTERNATIONAL FURNITURE FAIR SINGAPORE 2013(IFFS)」が開かれました。(同時開催:「The Décor Show 2013」「The Hospitality Show 2013」)

1

今年で30回目となった同展。9日〜11日の3日はビジネス関係者のみ、12日は一般公開されました。来場者も100カ国以上から来場するアジア最大級の家具展ということもあり、初日から受付には長蛇の列が並ぶなど、その注目度の高さがうかがえました。

今回は、およそ6万平方メートルの会場に世界35カ国、466企業が出展。ブースを通じていかに各製品の素材、デザイン、機能の良さを伝えるかということが大きなポイントになっているようでした。

2

3

5

7

各ブースの規模もさまざまで、装飾もオリジナリティ溢れるものばかりでした。

8

10

11

家具だけでなく、カーペットやマット、置物などのインテリア小物を取り扱う企業も多数出展していました。

14

15

今回で3回目の出展という白井産業は同社ベトナム法人(SHIRAI VIETNAM)から出展していました。

16

同社の白井裕介専務取締役は「コンテナレベルで商品を扱ってくれるディストリビューターが少なく、前半3日間はBtoBのはずだが全期間を通してBtoCのような印象を受けています。最終日は卸価格で定価の5割〜7割引程度で購入できることもあり、来場者の購買意欲の高さを感じます」と話していました。

 

同じく今回が3回目の出展という市場(ICHIBA)は、同展の印象について同社経営戦略室課長の谷勝一文さんは「近隣周辺国だけでなく、欧米からの出展も目立ちますし、世界各国から来場しているので名実共にインターナショナルな展示会です。逆に日本からは3社と出展数は少ないですね」と話します。

17

「当社がウリにしているのは『子供向け家具』。他の出展社ではなかなかアピールしない分野なので、他のブースとの差別化をはかっています。アジアで販売するのであれば、アジア人の体型やライフスタイルに合った家具が一番だという自負を持って展開しています。1件あたりの取引規模は大きくありませんが、地道に1件ずつ取引先を増やすことができています。最近、シンガポールを拠点にネットショップも展開しているので、そういったビジネスモデルの提案の場としてもこういった展示会を活用したいと思っています」と話していました。

 

次回は2014年3月13日〜16日に開催予定です。

 

<詳細情報(2013年)>

【開催日時】 2013年3月9日(土)〜12日(火)

(9日〜11日=9時〜18時、12日=9時〜17時(一般は12時〜17時))

【会場】 Singapore Expo, Hall3〜8

【来場制限】 入場無料(9日〜11日=ビジネス関係者のみ、12日=一般公開)

【URL】 http://www.iffs.com.sg

※次回は2014年3月13日〜16日に開催予定です。


blog 展示会レポート

Comments are closed.