Menu

Total Events : 519

【現地発】シンガポール出張で使える『お役立ち情報』〜シンガポールの天気・気候編

2

展示会への出展や商談などでシンガポールへ出張が決まったビジネスマンや、これからシンガポールへの出張する機会があるかもしれないビジネスマンの皆さんに、現地発の「シンガポール出張で役立つ情報」をお届けします。

 

今回は「シンガポールの天気と気候」についてご紹介します。

 

インターネットなどでシンガポールの週間天気予報を見ると、毎日のように「雷雨」と予報されていることに驚いた方も少なくないはず。もちろん、シンガポールはスコールや雷雨に見舞われる日は少なくないですが、1日中雨が降り続けることはほとんどありません。(なので、シンガポールに住んでいるとほとんど天気予報をチェックすることはありません)

 

シンガポールは赤道直下の常夏の国です。熱帯モンスーン気候に属しており、年中高温多湿です。雨季(おおよそ10月〜3月)と乾季(おおよそ4月〜9月)に分かれています。ただ、雨季でも雨が降らない日もありますし、乾季でも雷雨に見舞われる日もあります。

 

空が黒っぽい雲で覆われ、風が強く吹いてきたら、スコールが降る兆候。スコールは1〜2時間程度で止みますが、スコール対策のために折り畳み傘(女性であれば日傘と兼用できるタイプが便利)を常に携帯しておきましょう。

もし、万が一傘を持ってない場合でもご安心を。シンガポールはUnderpass(地下道)や屋根付きのOverpass(歩道橋)が充実しており雨宿りできる場所や日陰を探しやすいので、突然スコールが降ってきても焦る必要はありません。

 

気温は、雨季は最高気温が30度前後、乾季は35度前後で、特に乾季の中頃(6月〜8月)は日差しが強くいっそう暑く感じます。

 

反対に室内(特にオフィスビル、ホテル、ショッピングモール)は18度〜20度くらいでキンキンに冷えているので、冷房対策のためにジャケットや上着は欠かせません。常夏にも関わらずシンガポールの大半のビジネスマンが長袖のYシャツを着ている理由は、おそらく冷房対策だと思われます。

 

湿気対策も欠かせません。長期間にわたって出張される際には、衣類などの保管に留意しましょう。また、「くせ毛」の人は「日本にいるとき以上に髪の毛のセットに時間がかかる」という話を良く聞きますので、くせ毛対策グッズを日本から持参することをオススメします。

 

【シンガポールのお天気情報がわかるサイト】

http://forecast.tenki.jp/forecast/world/point-256.html

http://sg.weather.yahoo.com/

 

次回は「シンガポールの交通事情」についてご紹介します。


blog

Comments are closed.