Menu

Total Events : 519

【現地発】シンガポール出張で使える『お役立ち情報』〜シンガポールの交通機関(タクシー編)

展示会の出展や商談などでシンガポールへ出張が決まったビジネスマンや、これからシンガポールへの出張の機会があるかもしれないビジネスマンの皆さんに、現地発の「シンガポール出張で役立つ情報」をお届けします。

 

今回から3回にわたってご紹介するのが「シンガポールの交通機関」

第1回は、便利で気軽に利用できる「タクシー編」です。

 9

シンガポールのタクシーは、東南アジアの他の国々と比較しても安心して利用できるのが特徴です。

 

シンガポールのタクシーは日本と同じ「メーター制」を採用しているので、ぼったくられる心配はめったにありません。英語が話せなくても住所が書かれているものを見せれば、きちんと目的地まで連れて行ってくれます。

 

 

【タクシー料金】

●初乗り料金(1キロまで)は3〜3.5シンガポールドル(会社や車種によって異なる)程度。

●1キロを超えると10キロまでは400メートルごとに0.22ドル、10キロメートルを超えると350メートルごとに0.22ドルが加算される。

 

時間帯や行き先などによって下記のような追加料金が加算されますが、1回の乗車で30ドルを超えることはめったにありません。

 

【追加料金の一例】

●待ち時間45秒ごとに0.22ドル加算

●空港から乗車した場合の空港特別料金3〜5ドル追加

●有料道路を利用した場合0.5ドル〜4.5ドル追加

●0〜6時(深夜時間帯)はメーターの50%追加

●月曜〜金曜の6〜9時30分、月曜〜土曜の18時〜24時のピークタイムはメーターの25%追加

●中央商業地区から乗り入れした場合3ドル追加 など

8

【タクシーの乗車の仕方】

●タクシーに乗車したい時は、タクシースタンドで並ぶか、道路脇で腕を水平に出して走行中のタクシーを呼び止める。

●タクシーが自分の前で止まってくれたら、自動ドアではないのでドアは自分で開け閉めをする。

●日本と同じようにシートベルトは必ず締めることが義務づけられている。

 3

タクシーの車体上部には電光掲示板があり、乗車可能かどうかなどが分かるようになっています。

 

「TAXI」…空車(乗車可能)

 1

「HIRED」…乗車中(乗れない)

 2

「BUSY」…乗れない

6

「SHIFT CHANGE」 と「地名」が緑色で表示…乗れるが、その方面にしか行かない。

その地名と行き先の方角が一致している場合は乗車できるが、地理感覚が無いうちは乗らない方がベターです。

 5

4

「ON CALL」…予約車(乗れない)

タクシーは電話、タクシー会社のウェブサイト、アプリで予約できます。

7

★おすすめアプリ…『ComfortDelGro Taxi Booking』

今いる住所、台数などを入力して予約すれば、数分以内に今いる場所にタクシーを呼ぶことができるアプリ。事前予約も可能で、今いる住所が分からなくてもGPSで現在地を割り出してくれるので、非常に便利です(ただし、運賃に予約料2ドル〜6ドル程度が加算されます)。

しかし、通勤ラッシュの時間帯や雨が降っているときなどはON CALLを使ってもなかなかタクシーがつかまらないので、近くのタクシースタンドで並ぶことをおすすめします。

 mzl.ivezetey.320x480-75

mzl.xzubafjw.320x480-75

シンガポールのタクシーはどの車両も冷房がきいていて、ドライバーさんの好きなラジオや音楽が流れています。ラジオも中国語だったり、英語だったり、マレー語だったりと、タクシーの中でも多民族国家シンガポールを体感することができます。また、ほとんどのドライバーさんはシングリッシュを話す人ばかりなので、少し英語に自信がある人は積極的に話しかけて本場のシングリッシュに触れてみるというのもオススメです。

 

ぜひ、タクシーをフル活用してシンガポールを満喫してください!

 

【シンガポールのタクシー情報がわかるサイト】

http://www.taxisingapore.com

 

 

次回は「シンガポールの交通機関(MRT編)」についてご紹介します。


blog

Comments are closed.