Menu

Total Events : 519

【現地発】シンガポール出張で使える『お役立ち情報』〜シンガポールのビジネスマンの服装

展示会の出展や商談などでシンガポールへ出張が決まったビジネスマンや、これからシンガポールへの出張の機会があるかもしれないビジネスマンの皆さんに、現地発の「シンガポール出張で役立つ情報」をお届けします。

 

シンガポールに初めて出張に来るというビジネスマンからよく質問を受けるのが「服装」のこと。四季がある日本とは違い、常夏のシンガポールのビジネススタイルというものが気になるというビジネスマンが多いようです。

 

今回はビジネスマンが最も気になるビジネススタイルに関する3つの質問にお答えします。

a0001_009251_m

Q:ジャケットやネクタイは必要ですか?

A:重要な会議やミーティングにはジャケット・ネクタイを着用することをおすすめします。展示会に出展する際でもドレスコードを「ビジネススタイル」としている展示会がほとんどですので、ジャケット・ネクタイを着用した方が良いでしょう。

それ以外の場合は日本の「クールビズスタイル」で問題ありません。Yシャツの代わりに襟付きのシャツやポロシャツなどを着用している人も少なくありません。

 

Q:半袖シャツでもOKですか?

A:問題ありません。しかし、半袖シャツよりも長袖のYシャツを着用しているビジネスマンの方が圧倒的に多いです。オフィスビルやMRT・バスなどの冷房が寒いからというのがその理由のようです。

 

Q:高温多湿のシンガポールでも革靴を履きますか?

A:ビジネススタイルの場合は革靴がベストです。 高温多湿のシンガポールで革靴を履き続けると蒸れてしまうことが気になるという方は、ビジネス時には革靴、オフタイムにはビーチサンダルというように使い分けると良いでしょう。

ちなみに、シンガポールでは、オフィスワークの場合はサンダル履きで過ごすというビジネスマンも珍しくありません。シンガポールのビジネス街・ラッフルズプレイスでは、ビジネススタイルにビーチサンダルという男性を見かけることもあります。

 

シンガポールで「ビジネス用の服を調達したい!」という方は、ぜひ【現地発】シンガポール出張で使える『お役立ち情報』~現地でビジネスウェアを調達するならも参考にしてみてくださいね。


blog

Comments are closed.