Menu

Total Events : 519

【現地発】シンガポール出張で使える『お役立ち情報』〜「ヘイズ(Haze)」について

展示会の出展や商談などでシンガポールへ出張が決まったビジネスマンや、これからシンガポールへの出張の機会があるかもしれないビジネスマンの皆さんに、現地発の「シンガポール出張で役立つ情報」をお届けします。

 

今回は、最近シンガポールで問題となっている公害「ヘイズ(Haze)」についてご紹介します。

5a232a5846b0bf447e2c60434d2f52ae_s

ヘイズとは、インドネシアのスマトラ島などでの大規模な野焼きや山火事の煙、排ガスなどの微粒子が南西のモンスーンによってマレー半島やシンガポールにもたらされる大気汚染のことです。

 

毎年インドネシアの乾季にあたる4月〜10月くらいにかけて悪化するのが通常です。しかし、今年は1月下旬あたりからすでに影響を受けており、目のかゆみや鼻水などの症状を感じている人も少なくないようです。

 

昨年はPSI値(ヘイズよる健康生涯の度合いを図る数値)が観測史上最高を記録し、一時は「ハザードレベル」を超えました。そのため、企業や学校なども休業を余儀なくされるケースも見られました。

 

ヘイズが強いときは、目や鼻、喉などの粘膜が刺激されるため、咳やくしゃみ、鼻水、結膜炎など花粉症に似たような症状が出ます。子どもや高齢者の方、心臓や肺に疾患を抱えている方などは特に注意が必要です。また、ヘイズにはPM2.5も含まれるとされていますので、ヘイズが特にひどいときには性能の高いマスクを使用して外出するとよいでしょう。

 

PSI値はNEA(シンガポール国家環境庁)が毎日公表しているので、シンガポールにお越しの際には数値をチェックすることをおすすめします。

http://app2.nea.gov.sg/anti-pollution-radiation-protection/air-pollution-control/psi/psi-readings

 


blog

Comments are closed.