Menu

Total Events : 519

【現地発】シンガポール出張で使える『お役立ち情報』〜シンガポールで体調不良になったら

展示会の出展や商談などでシンガポールへ出張が決まったビジネスマンや、これからシンガポールへの出張の機会があるかもしれないビジネスマンの皆さんに、現地発の「シンガポール出張で役立つ情報」をお届けします。

 

出張などでシンガポールに訪れた際、日本とは異なる気候なので体調を崩してしまうというビジネスマンの方も少なくないと聞きます。そんな方々のために、今回はシンガポールで体調不良になった場合の対処法についてご紹介します。

a1640_000379_m

■市販薬を調達するなら……

街中には至るところにドラッグストア(Guardian、Watsons)もありますし、頭痛薬や風邪薬程度であればコンビニでも調達できます。

ただし、当然ながら英語(漢方系の薬なら中国語表記)なので「どれを選べばいいのかわからない」という方もいらっしゃるはず。

そういう方にオススメなのが「西野薬局」です。オーチャードの高島屋とクラークキーそばの「Liang Court」内にあり、日系の医薬品が揃っています。日本語も通じるので安心です。

 

■突発的な病気で病院に行くなら……

シンガポールには日系クリニックが数カ所あります。日本人の先生(もしくは日本語が堪能なローカルの先生)が診察してくださいます。薬も処方してもらえます。特別な検査が必要な場合は、ローカルの病院で検査を受けることになることもあります。

 

【シンガポールにある日系クリニック】

◯シンガポール日本人会クリニック

http://www.japanese-clinic.com.sg/index.html

◯ラッフルズジャパニーズクリニック

http://www.rafflesj-clinic.com

◯日本メディカルケアー

http://www.nipponmedicalcare.com.sg

◯ジャパングリーンクリニック

https://www.japan-green.com.sg

◯ニホンプレミアムクリニック

https://www.japan-green.com.sg

◯ヘルスウェイジャパニーズメディカルセンター
http://www.healthwaymedical.com/japanese/

 

ただし、シンガポールは医療費が高いので、万が一に備えて渡航前に「海外旅行保険」に加入しておくことをオススメします。

 

持病をお持ちの方はもちろんのこと、自分に合った薬を飲みたいという方は、出張の際にも薬を持参しておくとよいでしょう。


blog

Comments are closed.