Menu

Total Events : 519

【現地発】シンガポール出張で使える『お役立ち情報』〜シンガポールの銀行

展示会の出展や商談などでシンガポールへ出張が決まったビジネスマンや、これからシンガポールへの出張の機会があるかもしれないビジネスマンの皆さんに、現地発の「シンガポール出張で役立つ情報」をお届けします。

 

特にシンガポールに法人を作る際などに必要なのが「現地の銀行口座」。メインバンクを作るにあたって、どんな銀行があるかを予め知っておくと便利です。今回はシンガポールにある主な銀行をご紹介します。

8042b5d7a74b3a04677dacbb61264aeb_m

■DBS  http://www.dbs.com.sg/index/default.page

アジアの中でも大規模な銀行の一つと言われており、シンガポール国内にも支店を多数有する国内最大級の銀行。もともとは政府系投資銀行「シンガポール開発銀行」(The Development Bank of Singapore)として知られていました。

 

■POSB  http://www.posb.com.sg/personal/default.page

郵便貯金銀行「POSB」(Post Office Savings Bank)は1998年にDBSが買収した銀行です。DBSのATMでPOSBのカードを、POSBのATMでDBSのカードを使うことができるなど一部サービスの互換性もあります。

 

■OCBC  http://www.ocbc.com

華僑銀行(Oversea-Chinese Banking Corporation)。シンガポールを拠点に、東南アジア各地にも古くから拠点を持つ銀行です。

 

■UOB http://www.uobgroup.com

ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(United Overseas Bank、大華銀行)。シンガポールに本社があり、マレーシア、タイ、中国などに子会社があり、20カ国近くで事業展開しています。

 

なお、シンガポール国内にある日系の銀行は「東京三菱UFJ銀行」と「三井住友銀行」の2行です。

 

各銀行の特徴や利便性などを比較して、最適なメインバンクを探しましょう。

blog

Comments are closed.