Menu

Total Events : 519

【現地発】シンガポール出張で使える『お役立ち情報』〜シンガポールの交通機関(MRT編)

展示会の出展や商談などでシンガポールへ出張が決まったビジネスマンや、これからシンガポールへの出張の機会があるかもしれないビジネスマンの皆さんに、現地発の「シンガポール出張で役立つ情報」をお届けします。

 

3回にわたってご紹介している「シンガポールの交通機関」。前回の「タクシー編」に続く、第2回は「MRT(電車)編」です。

9

MRTとは「Mass Rapid Transit」の略。シンガポールに住む人々の交通アクセス手段の一つです。シンガポールには現在、南北線(通称:NSL、赤ライン)、東西線(EWL、緑ライン)、北東線(NEL、紫ライン)、環状線(CCL、サークルライン)の4路線があります。運賃はどこに行くにも1〜2ドル前後と安いので、シンガポールの人々の足として活用されています。

12

2

電車に乗る時はまず切符を購入しましょう。切符の買い方も簡単。降車駅をタッチして表示された金額(デポジット+運賃)を投入すれば「スタンダードチケット」(プラスティック仕様)が出てきます。

1

11

デポジット分は、降車駅の券売機に挿入してカードを返却するが返却されます。ただし、デポジットは降りた駅でしか返却されないので「改札を出たら真っ先に券売機へ向かう」ということをお忘れなく。

 

おすすめは「EZ-Link(イージーリンク)」カード。日本のSuicaやPasmoと同じICカードで、券売機でチャージ(Add Value、Top-upと言う)して使うカードです。

13

窓口で購入でき、券売機で簡単にチャージ出来ます。EZ-Linkはバスや一部のタクシーでも使えますし、コンビニなどではお財布代わりに使うことも出来ます。しかも、EZ-Linkのほうが運賃がお得に設定されているので、シンガポールへの出張が多い方にはオススメです。

3

電車に乗る時は改札でスタンダードチケットもしくはEZ-LINKをタッチしてホームに向かいます。 

15

MRTは時刻表がありませんが、約5分おきぐらいに次から次に電車が来るので問題ありません。ただ、通勤時間帯の混雑は日本と同じ。通勤時間帯は本数が増えるものの、車内がすし詰め状態になります(特に郊外から乗る場合は注意が必要です)。

5

電車車内では飲食禁止のほか、ドリアンの持ち込みも禁止されています(臭いがキツいため…)ので注意しましょう(罰金も明記されています)。

7

中心地は地下鉄に、郊外は線路が高架化されているため「踏切が無い」のはMRTの特徴の一つ。また、北東線と環状線は完全自動運転(無人運転)で走行していますし、転落防止柵(スクリーンドア)が全駅に設置されています。どの駅もキレイに整備されており、分かりやすい表示が多いのも特徴です。

8

10

6

4

MRT4路線に加えて郊外の住宅地のみを走行するLRT(Light Rapid Transit)も3路線走っているほか、今後は、ダウンタウンライン(2017年開業予定)、「トムソンライン」(2019年開業予定)も加わり、もっと便利になります。ぜひご活用ください! 

14

【シンガポールのMRT情報がわかるサイト】

※MRTの路線図と運賃が一目で分かります。スタンダードチケットとEZ-LINKの値段比較も出来ます。

http://www.smrt.com.sg/Trains/NetworkMap.aspx

※EZ-Linkカードについて分かるサイトです。

http://www.ezlink.com.sg/index.php

 

次回は「シンガポールの交通機関(バス編)」についてご紹介します。


blog

Comments are closed.