Menu

Total Events : 519

【ビジネスマン必見!シンガポールおすすめ土産】異文化を感じる民族工芸品「プラナカン雑貨」

カトン地区やアラブストリートのお店で売られるカラフルな陶器やビーズ刺繍のサンダル(靴)は「プラナカン」と呼ばれる人々の民芸品です。シンガポールの人気お土産ジャンルのひとつとして知られています。

 

「プラナカン」は「この地に生まれた」という意味をもつマレー語です。15世紀後半からマレーシアやシンガポールにやってきた中華系移民の子孫が現地の女性と結婚し、植民地国の西洋文化を中国やマレー文化にミックスさせ独自に文化を作り上げてきました。男性はババ(Baba)、女性はニョニャ(Nyonya)と呼ばれ、中華系としてのアイデンティティを保ちながら、マレー文化をうまく取り入れたほか、英語教育とイギリス式マナーを身に付け、自らの血統に誇りをもって暮らしています。女性が主導権を握ることも多く、女性が好むきらびやかな文化が発展しました。

 

彼らの文化の特徴として、まず、明るいパステルカラーの「ショップハウス」と呼ばれる建築物が挙げられます。柱や窓に独特の模様が施されたネオ・ゴシック様式やバロック様式などの西洋建築スタイルで、プラナカン独自の色使いをしたタイルをふんだんに使用した通路が見られます。カトン地区のジョー・チャット・ロードやオーチャード近くのエメラルド・ヒル、チャイナタウン地区のブレア・ロード周辺に、こうしたプラナカン建築を今も見ることができます。

写真

プラナカンたちが着るきらびやかな衣装も有名です。シンガポールに点在するプラナカンショップには、ニョニャたちが着る細かい刺繍が施された美しいブラウス「ケバヤ」に、「サロン」という腰布を組み合わせた服「サロン・ケバヤ」のほか、ボタンの代わりにつける「クロサン」という三連ブローチ、細かいビーズの刺繍を施したサンダル(靴)などが販売されています。運がよければ、ビーズを装飾する作業をお店でも見ることができるかもしれません。

 

緑やピンク、水色などのパステルカラーを使った「ニョニャ・ウェア」と呼ばれる陶器も販売しています。鳳凰や牡丹が描かれたものが多く、かつては結婚式や正月などのおめでたい席で使用されていました。「カムチェン」と呼ばれる蓋つきの壺も有名で、さまざまなサイズと色のものがあります。現代用にマグカップやティースプーン、れんげなど、小さくて安価なものも販売されているため、家族や友人へのお土産としても最適です。

 

カトン地区のイーストコーストロードに面したショップハウスにある「ルマービビ」はプラナカンの民芸品を販売するお店として有名です。この通りには、他にもいくつかプラナカンショップが店を構えています。また、アラブストリート・エリアのモスクに近いメイン通りにも、店主がプラナカンの血を引き、陶器やサンダルを取り扱うお店があります。

 

このほかにも、街中には、レモングラスやチリなどハーブやスパイスを組み合わせ、さまざまな文化の混じりあったプラナカン料理を提供するお店や、カラフルで甘い「ニョニャ・クエ」と呼ばれる菓子も販売するお店もあり、独特の味を楽しむのも旅の楽しみの一つです。

 

シンガポールならではのプラナカン文化に触れ、日本の家族へカラフルなお土産を持ち帰ってみるのはいかがでしょうか。

 

<詳細情報>

【ショップ名】Rumah Bebe(ルマービビ)
【住所】  113 East Coast Rd
【電話番号】6247-8781
【営業時間】9:30~18:30
【定休日】 月曜日
【ホームページ】 http://rumahbebe.com/

blog

Comments are closed.